ゴールデンサークル理論

【ゴールデンサークル理論】

話す順番を意識して変えることで、
共感してもらいやすくなったり
行動を促しやすくなるテクニック。

why(なぜ)→how(どうやって)→what(何を)

の順番で説明をすることにより
共感を得やすくなります。

順番の重要性

多くの人や企業の場合、
自分が何を(what)しているのか
どうやって(how)やるのか

という説明で終わってしまい
共感が得られにくくなってしまっています。

それは、なぜ(why)やるのか
という、理由や信念が見えないからです。

理由や信念が見えなければ
行動にもつながらないため
商品も売れにくくなります。

どうしてこんなことに
なってしまうのかというと

原因は、
何(what)から
説明し始めてしまうからです。

すると、
どうやって(how)で
止まってしまい

結果として共感を得られにくい
伝え方になってしまいます。

共感を得られにくい伝え方

1.what:私はフリーランスをしています。

2.how:個人コンサルタントとして
営業を教えています。

3.why:・・・。

共感を得られやすい伝え方

1.why:私は、ひとりひとりとしっかり向き合うことで
思い描く人生を生きることが出来る人を
一人でも増やしたいという思いがあり、

2.how:個人コンサルタントとして
営業を教えています。

3.what:そこで、フリーランスという選択をしました。

Appleに熱狂的なファンが多い理由

Appleに熱狂的なファンが多い理由は、
徹底してなぜ(why)から伝えることで
しっかりと信念が見えるからです。

1.why:私たちは世界を変えられると信じて
努力しています。
その努力の結果、

2.how:美しいデザイン、
動画編集もストレスなく
サクサク動かせます。

3.what:素晴らしいスペックのパソコンが
誕生しました。
いかがですか?

いかがでしょうか。

同じ言葉で
なに(what)→どうやって(how)
の順番で伝えられると

また違った印象になると思います。

人は「何を」するのかわかっていても
共感はしてもらいにくく、
なかなか行動する理由にはつながりません。

それが「なぜ」行動するのか理由がわかると
共感してもらいやすくなり、
行動に突き動かされるようになるのです。

まずは、「なに(why)」から
話し始める。

是非活用してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました